Abstract

【解決手段】本発明は、ろう付けプレート熱交換器内の凝縮経路を規定する二つのプレートの間に挟まれるように設計された熱交換フィン/スペーサに関する。前記フィン/スペーサは、組み立てたとき凝縮するガスの流出経路を規定する波状支持体(30)を具備する。上述のフィン(20)は、前記波状支持体に少なくとも一つの凝縮液体排出経路(36A、36B)を、かつ前記液体を前記波状支持体(30)の少なくとも一つの横縁に向けて排出するように設計された偏向要素(38)を具備する。さらに、前記偏向要素は少なくとも一つの前縁および/または少なくとも一つの後縁を供されている。本発明は二つの空気蒸留塔からなるメイン熱交換器での使用に適切である。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle